絶対☆原作至上主義!!

漫画、アニメ、ゲーム、小説について愚痴を書いているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひぐらしのなく頃に解 第21話 【祭囃し編】 其の八 48時間 感想

BGMを入れて下さい…
それだけが僕の願いです…

以下ネタバレ注意です







カケラ紡ぎで丁寧にやっていなかったからでしょうか、最初の34さんがトミーに電話する心情がわかりにくい気がする。まぁどうでもいいシーンなんですけど個人的に好きなシーンだったんですよ…


34
こ れ はッッッ!!!


遂に始まる梨花ちゃま殺害計画
今回はあまり部活メンバーの出番がありません。レナって出た?
作戦開始時刻は午前4時。相手が動き出す瞬間に生まれる隙をつく作戦です。これはかなり有効です。空手VS合気でも動き出す瞬間に先制するのはかなりの動揺を誘いました。

それに気づく小此木。彼の鋭さが原作通り表現されていてよかった…。34さんはお姫様ってのは無いね…。


OO1si.jpg
祭囃し編の名場面の一つ、大石VS大高
勢いだけなシーンですけど燃えます、、、、原作ではね…
アニメはね、声とか作画はよかったよ。大石さんがかっこよかったです!
でも……BGMがねぇッ!!!迫力あるシーンも燃えないんですよ!!なんか静かでいまいち盛り上がりに欠ける…。
これ絶対スタッフは原作やってない。多分原稿だけ読んで作っているんでしょうね…。
だから俺は、原作の音楽室から「Fearlessness」を流しながら見ていました。そうすると迫力が出すぎて鳥肌立ってきた…。「yours」verだと不敵さがパワーアップされているので、ここのシーンには合わないので注意です。


銀
野村さんの本音出すぎ…。
某所で銀様銀様うるさいけど、自分はローゼンメイデンを見ないのでいまいちわからないのです…


機関車
祭囃し編名場面その2 機関車トミー
まさかCパートで来るとは…。このシーンで彼は完璧なるネタキャラへと昇華されました。
最後の彼がかっこいいです。でも一つ問題があります。もしかして、、このシーンはこれで終わりですか?原作のような無駄に熱くカッコイイ曲や、チ~ン!も無しですか…。まぁこれはこれで次回で「富竹確保しました!」で十分かな…。





次回予告
今回は普通?でしたね…。

そして次回で、遂に、個人的に祭囃し編で最高に震えるシーンが登場です!!!!
た の む か ら!!!原作を超える演出をして下さい!!!

BGMが静かに流れだすのが最高にかっこいいんですよ!!!

期待してますから!!アニメで鳥肌を立たせて下さい!!!!





↑の5曲目にFearlessnessがあるのでニコニコ行ける人は聞きながら大石さんのシーンを見てください。燃えます!!!
ってか全て神曲ですね…。時間が無くても聞くように!



スポンサーサイト
  1. 2007/11/27(火) 21:11:15|
  2. なく頃に
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<サウンドマンガってありじゃね? | ホーム | 週刊少年ジャンプ52号 感想>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srtk00.blog117.fc2.com/tb.php/132-d6ebdbb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) ひぐらしのなく頃に解 第21話 「祭囃し編 其の八 48時間」

「ひぐらしのなく頃に解」 DVD 捜査録 - 紡 - file.03 <初回限定生産> いよいよ、計画が発動されようとしていた。もう戻ることは出来ない・・・三四の決意。だが、彼女の心は揺れ動いていた。一方その頃、大きな悪に対抗すべ、く圭一達の「48時間作戦」が実行されよ
  1. 2007/11/28(水) 02:52:19 |
  2. ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人

レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第21話 祭囃し編 其の八「48時間」

品質評価 24 / 萌え評価 9 / 燃え評価 24 / ギャグ評価 3 / シリアス評価 57 / お色気評価 18 / 総合評価 23レビュー数 77 件 第21話 祭囃し編 其の八「48時間」のレビューです。
  1. 2007/11/28(水) 13:28:35 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。