絶対☆原作至上主義!!

漫画、アニメ、ゲーム、小説について愚痴を書いているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

餓狼伝11 感想


餓狼伝 11 (11)餓狼伝 11 (11)
(2002/03/01)
夢枕 獏

商品詳細を見る


この巻に載っている「文七VS堤」は鳥肌物です。10巻から開始されているので読みたい人は合わせて買いましょう。
「虎王」が極まるところはありえないくらいにかっこいいです…。
今まで漫画を読んでいて、戦闘シーンで鳥肌が立ったのは、
ジョジョ三部のラストバトル
花山VSスペック
独歩VS渋川
刃牙VSジャックの冒頭の連続見開きでの殴りあい
そして文七VS堤ですね…。

この巻で主人公最後の活躍なので、一見の価値有りです!!

―で、餓狼伝には梶原というキャラがいます。
主人公はコイツに一回負けて、その復讐のために体を更に鍛え上げるのです。
弾力のある筋肉で威力吸収、プロレスラーのタフネス、空手を覚えたことにより鋭い蹴りが放てる、などメチャクチャ強いです。

でも…漫画版での扱いが酷すぎる…
11巻の後半で鞍馬というオリジナルの天才プロレスラーにボッコボコにされます…。
気絶させられ、リングに放り込まれ、顔を踏まれるなど、目を背けるほど屈辱的です…
そして、その後の彼は解説役として定着していき、ってかやられ役ですね、うん……
小説だと強いんですよ……


あと、どうでもいいけどこの巻が出たのって2002年なんですね…



スポンサーサイト
  1. 2007/12/16(日) 20:50:52|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊少年ジャンプ03号 感想 | ホーム | こどものじかん 10時間目 「ひとにやさしく」 感想>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srtk00.blog117.fc2.com/tb.php/154-c85256be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。