絶対☆原作至上主義!!

漫画、アニメ、ゲーム、小説について愚痴を書いているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【実写】 ひぐらしのなく頃に 特報スペシャル 【惨劇】 その①

ネタバレ注意


まずはコイツを見てくれ…



実写映画『ひぐらしのなく頃に』特別鑑賞券
この特典は最高ですね。島みやえい子さんの主題歌(とてもかっこいい曲です)がついて、それにドラマCDがついてくる。
それで値段は2000円と安いです。映画見なくても妥当な値段だと思います…。

映画ひぐらしは、「ひぐらしがなく頃に」に迫る勢いがあります!!いや…超えています…。予告だけで原作レイ○とわかるのはある意味凄い。もしかしたら「実写デビルマン」を超えるかもしれません!!!
漫画版デビルマンといったら、世界系の作品の中で唯一話しを綺麗にまとめられたと言われています。それを実写化しました。呆れるを超越してもう色々と凄かった。CGデビルマンがかっこよかったのが唯一の救いにもなりません。

話がズレました。

特報を見て、喉を自分の爪で引き裂こうとしたところ

まず、レナ……は出ていない………紹介が出るまで信じていました…。あれは映画オリジナルキャラだ!と……。
個人的にはレナが一番酷いです…。せめて髪型ぐらいは同じにしてください…。あとレナの「はぅ~」はマネしなくてもいいけどさ、口調は同じにしましょう…。演技してないです、素が出ています…。

途中にある一場面が写りました。鬼隠しでのおはぎ(針入り)を渡すときです。
その時、レナ…さんが、

「どれがレナが作ったおはぎか当ててください!もし当たったら、豪華プレゼントをさしあげま~す!」

え?


で、またレナが…(魅音の顔がゴツイ)

「明日は、必ず学校に来てね…」

いやそれ魅音のセリフですから。それにまったく恐くないってか、ドアを閉めようとして、また開いて言うはずなんですけど…。それに豪華プレゼントってなに?アニメでもここまで酷い改悪しかったぞ…。このシーンの恐さは…
ひぐらしがなく頃に>>壁>>>原作>>>漫画=アニメ=祭
映画は論外です…。

higu_32.jpg

これに勝る恐怖はありません…。

魅音…は、「ひぐらしが」でそうとう堪えたので、これを見ても平気…なわけないです。
レナよりはマシ、それだけです…。実写では「ぶおん」になってしまう、不思議!
現在祭綿流しをやっているところなので、魅音の劣化に耐えられない…。

トミーは…ひぐらしが>>>映画。登場してくるときの動きが変態っぽくて笑った…。あとここも少し違ってますよ…。監督は本当にひぐらしをやったのでしょうか?トミーは野鳥を観察するだけだからあんなに大荷物は持ってないはずなんですけど…。


梨花ちゃん役の子はまともでした、ってか可愛いですよはぅ~☆
でも、梨花ちゃまじゃないです。あの髪型からは沙都子orレナにするべきです…。
可愛いけど、あまりにイメージとかけ離れているんです。

で、一番掻き毟りそうになったのが、梨花の性格変更についてです。ある場面で、圭一が祭具伝に向かおうとして、それを手ををつないだ梨花×沙都子に止められます。
その時のセリフが、梨花が絶対言わないようなこと&口調でした…。

インタビュー↓

“梨花”は不思議な感じの役で、台詞回しなども独特で原作などを見ていろいろ研究しました。舞を踊るシーンがあるんですが、舞の動きはいままで経験したことがないので、とても難しいですね。本番の収録が今日なんですけど、いまからワクワクしながらも緊張しています(笑)。



あぁ…勘違いしちゃったのですね…。ってか梨花ちゃまは祭具伝に入るな!なんて言わないよ…。いつそんなこと言った?テメェ原作やってないだろ?もうあの場面だけでその後の演技がわかります。
こいつにあと100回原作、いやアニメでもいいです、見せてもう一回、一から学ばせてあげてください…。
あと胸がでk(ふぉぐちゃ…

沙都子は…、トラップの設定は無しになる(多分部活も排除…)と思うので、存在価値がなくなりますね…。


ここで、ひぐらしがと映画ひぐらしを比べてみようかと思います。

再現率では圧倒的に ひぐらしが>>>>映画 です。
演技力では どんぐりの背比べでしょう…。
キャストは…レナは互角、声はひぐらしがでしょうが、顔は……互角…。あれはレナじゃない…
魅音は、ひぐらしがよりはいいけど、まだぶおんの域を出ることは出来なかった…。
梨花ちゃま
higu_12.jpg

ひぐらしがについては演技力とか関係無しに、↑を梨花ちゃまに選んだ人をバットで*したい。
顔では刹那も考える余裕もなく映画ですが、性格が破綻しているので、、、どっちも色々と破綻してますね、あはははは…。
沙都子、顔は映画、演技力ではひぐらしが。ひぐらしがではとてもお世話に以下略。

あぁ圭一いたね。映画はどうみても不良ですな雰囲気が好きになれないのです。
あと、性格とかもうひどいほど改悪してましたね…。

大石さんは、、、原作では重い威圧感のあるベテラン刑事って感じでしたけで、映画ではまじめな刑事になっちゃった…。演技力は問題無いと思うけど、キャラが変わってる…。

書いてくると別の作品と思えてきます…。
別のC級ホラーと思ったほうが楽しめるのと思います…。


img699_o10.jpg

こんな感じになるに一万ペリカ
でも見に行きますけどね。

主題歌を聞きに、グッズを買いにね…。

スポンサーサイト
  1. 2007/12/26(水) 22:30:22|
  2. なく頃に
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年読んだ漫画 ベスト5 | ホーム | こころむすび 感想>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srtk00.blog117.fc2.com/tb.php/170-fae797bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。