絶対☆原作至上主義!!

漫画、アニメ、ゲーム、小説について愚痴を書いているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

餓狼伝ⅩⅠ ⅩⅡ ⅩⅢ

餓狼伝〈13〉 (双葉文庫)餓狼伝〈13〉 (双葉文庫)
(2005/05)
夢枕 獏

商品詳細を見る


なんという物語。

文七がウンコ漏らした時は驚いたが、それからの展開が面白い。

気がついたら11~13を一気に読んでいた。

明後日テストなのに。



個人的に読んでて失禁しそうなほど興奮したのが、堤さんの再登場。
ジムというこれから活躍しそうな強敵を見事に倒し、オマケにしばらく見なかった「虎王」を復活させてくれた…。

なんでもありは、最強の格闘技と言われているが、それは新しい技術で、まだ対応策が出来ていなかったから、とどこかで聞いたことがありましたが、嘘ですね…。
勝てるわけねぇだろ…。
マウントポジションに入られたら返し技が無いのはキツイだろ…。
葵長男が指を異様に強化して相手の耳にぶっさすはありますが…普通は出来ない…。これは長男の狂気があっただけです…。
特に、ラモスはありえないところからのハイキックがあるのが恐いですね…。
梅川があんなにも簡単に倒されたときはページを読み間違えたのかと混乱しましたよ…。

力王山、漫画と違ってカッコいいです…。
作者曰く、最初は漫画版と同じ行こうとしたが、気がついたら松尾VS力王山となっていたと…。
これでよかった…。


でも…まだまだ物語の終わりが見えません。
伊達さんが自ら「噛ませ犬」と言っていたのには泣きました。餓狼伝の世界では、伊達が壁になっていますね。彼を超えればこの先の物語で闘えるが、負けるとそれまで。
まぁ伊達さんが勝ったところは一度も見ていませんけどね…。


夢枕先生の技名のセンスがいいですよね

虎王 千鳥 雷神 波兎 鬼殺し 淡水

少年漫画によくある、無駄に長くて漢字を使って無理やり英語(スペイン語)に読ませるに慣れている僕には、上記のような短くて妙に迫力がある名前はかっこよく思えるのですよ。

新・餓狼伝を買ったらあと1年くらいは待たされるのかな…。
長い…。


キマイラが面白いって作者が自分で言っていたので今度はそれを買うかな…。




最高の動画。
特に最終勝負、これはマジでヤバイ…。鳥肌総立ちです。

このゲームの2出ないかなァ~。
葵三兄弟、衛門、ラモス、ジム、磯村、マカコを出して、ステージで金網とか出せば絶対買うのに…。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/08(土) 23:53:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【最狂】実写ひぐらしのなく頃に【惨劇】 | ホーム | ニコニコ ひぐらし>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srtk00.blog117.fc2.com/tb.php/232-1a2ee5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。