絶対☆原作至上主義!!

漫画、アニメ、ゲーム、小説について愚痴を書いているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハチワンダイバードラマ化!!

“土ドラ”に18歳コンビ抜てき!フジ系「ハチワンダイバー」

少し前の僕だったら喜んでいました。
不安はあるかもしれないけど、ドラマでどうやって表現されるのかな~と楽しみだったと思います。

でも、今は……。

ハチミツとクローバー
ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)ハチミツとクローバー (10) (クイーンズコミックス―コーラス)
(2006/09/08)
羽海野 チカ

商品詳細を見る


という漫画がありました。
少女漫画だけど面白く、ラストが少し賛否評論でしたが、笑えてたまに少し泣けるとてもいい漫画でした。

それが少し前にドラマ化されました。
その時の俺の期待度は異常。不安は少しありましたが、あの内容ならどうにかドラマでも出来るんじゃないかと思っていました。
のだめがよかったからでしょうか…。
個人的にのだめはドラマ>>>アニメです。
ドラマの動きある演奏を見た後に、一枚絵と楽器を演奏しているCGの使い回しの激しいアニメは見れませんでした…。どう見ても手抜きだろあれは…。
ドラマも普通におもしろかったです。
実写化は、今まで色々と原作レ○プされてきましたが、のだめは成功作と言っていいでしょう。

話し戻って、ハチクロですよ。
話の大筋は一緒です。
でもね、第一話で、原作と同じシーンは一つもなかったッ!
ここで僕は何かおかしいと思ったが、何かどころではなかったッッッ!!!
お遊戯演技、キャラの性格改悪、ローマイヤ&竹本父の出番の異常な多さ、はぐちゃんが一番大人っぽい顔、原作で一番泣ける話の森田父とおじさんの話の皆無(蛇足と原作でも少し言われてたかな)、←よって森田兄は存在しない、傘をささないで走るってどう見てもおかしいだろ!原作でもしっかり傘をさしてました、森田さん……気味悪く笑いすぎ…。普通のチャラチャラそしたお兄ちゃんになっています、原作の天才と馬鹿は紙一重な感じの森田さんはどこに…。
あと、理化さんが一番酷い…理化さんが…………酷い……………なんだよあれ…・


と、まぁ色々と酷かったのですよ。
実写化という意味においては、「デビルマン」に迫るものがありました(ひぐらしは超えることができるのか!?)

もうね、実写化に信用しません!
駄作乙ですよ…。

で、ハチワンダイバー
漫画は大好きです!!
僕は、将棋は「ハム将棋」にまぐれで平手に勝てるレベルで、漫画内の将棋内容についてはほとんど意味不明ですが、それでも面白いです!
あの独特のコマ割り、セリフ、絵は漫画でしか表現できません…。実写化され、「ダイブ」なんて言ったら寒いです…。揉むを賭けた闘いでの異様な雰囲気のアップは多分無理ですね。個人的に一番好きな勝負が文字山戦です。「あなたに読んでもらう」の次のページの動きを抜き取ったようなコマと、17秒で押す主人公と、文字山の脳内は読んでてゾクっと鳥肌が立ちました…。絶対映像化は無理でしょうね…。これは漫画でしか出来ない芸当(特に押す時の動きのある絵)ですから…。
あと、まだ話はあまり進んでいませんよね?
6巻だけです。
やっと相手の組織の目的がわかりましたが、ってか今週(3/27~)ですよ!話はどうするんですか?
これはアニメ化にも言えることですけど、終わった漫画からお願いします…。

と、思っていたら…↓

「負け組」からの逆転劇描く

ドラマ版では、アンダーグラウンドからはい上がり、本物の棋士を目指すという「なりあがり」の世界観を導入。「負け組」人生からの逆転を目指す。



↑漫画のどこにそんな話があった?

この記事を読むと、漫画とは話が少し違うとのこと。オリジナル展開一筋で行く気がしてきました…。
これは、結構厳しいです。
漫画のドラマ化、アニメ化をすると、まず確実に原作ファンは見ます。視聴率は取れます。
しかし、諸刃の剣です…。
時間の限られている中で、原作の内容を完全に映像化することはまず不可能です。削られたキャラ、無くなった会話、重要なエピソードの削除、オリジナル。何も知らない人は特に気になりませんが、原作信者さんたちにとっては批判の種になります。
上記の内容を面白くすれば問題ないですが、現在、仕事としてかかわっているスタッフたちにとってはとても無理なようです。嫌いな作品のアニメ化をなされた可哀想な監督さんもいますしねぇ~
特に、オリジナルなんて考えた奴謝罪しろと思うことが多々々々あります。

え?…↓

「土11」枠にJUNONボーイ溝端淳平

素人相手の賭け将棋で日銭を稼いでいたが「アキバの受け師」と呼ばれる謎の女性棋士に敗北したことでプロへの道を歩み始める青年




ちょっと待て

プロへの道を目指す?

もう色々と設定が狂っていますよ。

あれ…

原作を、どう解釈すればそう読めるのかな?

作品の表だけを捉えたのでしょうか?
(アキバ、メイド、棋士)

将棋だけしかない人間が蠢めいている漫画なはずなんですけど…。

一応見るけど…駄作になるでしょうね…。

素直に原作の設定でやればいのに…。




ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)ハチワンダイバー 6 (6) (ヤングジャンプコミックス)
(2008/03/19)
柴田 ヨクサル

商品詳細を見る











将棋、将棋…あ!ドラマ化しやすい将棋漫画に「3月のライオン」がありますね。
こっちをドラマ化すればいいのに…。
そうすればもう一回原作レイプが起こるのに…。




スポンサーサイト
  1. 2008/03/27(木) 22:44:28|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひぐらしのなく頃に絆 限定版について | ホーム | 【ひぐらし祭】 プレイ日記 その⑨ 【カケラ遊び】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srtk00.blog117.fc2.com/tb.php/249-837608a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。