絶対☆原作至上主義!!

漫画、アニメ、ゲーム、小説について愚痴を書いているブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひぐらしのなく頃に解 13話 感想

ひぐらしのなく頃に解 第13話 皆殺し編 其の八「終末」



皆殺し編【最終回】です
本当に最終回になったところもありますけどね…

以下ネタバレ注意です


大石さんはもういない…
皆殺し編だといい人になったのに


レナ鉈!!!!
一回転して腹に打ち込んだッッッ…………

「峰打ちだよ★」

…ははは、、ス、スタッフさんは何をしているんだッ!!(原作ではレナパン)と思いましたが峰打ちですか…
よかった~何にも問題ありませんね

悪の組織に鉈で峰打ち攻撃!!これが正しい鉈の使い方ですね

原作で素手で戦うのはちょっと無理があるかなって思っていたのでこの変更はよかったですね


スタンガンが惨劇以外で初めて役に立ちました…
今まではスタンガン使用=惨劇へGO!!でしたからね…
魅音さん強いね…

ヒナミ・ザ・ワールド(時間停止)発動せず、、、K死亡(発動しても死にましたけどね…)

世界の演出をなぜカットした?!
圭一の覚悟完了!!梨花ちゃんごめんな…、がこれだとわかりづらい気がするよ
原作のここから涙腺崩壊して文字が読めなくなったのに、カットしないで下さいよ…

でも魅音の反応がよかった…てか泣いた…

「私が囮になる」

魅音かっけぇよ…原作だと一人だけ命乞いして色々ネタにされていたけど、アニメだとかっこよくなっています
目の前で最愛の人が死んだからね…魅音の心情を考えると泣けます
体がかなり赤くなっていますね…
何発撃たれたんだろ…

「あっははは!だから無理無理~だってオヤシロ様は、、、いるんだもん」

レナの最後、、かっこいいです
作画&声優さん頑張りすぎ。久しぶりにひぐらしアニメで恐怖しましたよ…

詩音あっけない…最後まで悟史との約束を守りましたね
原作のこの部分で俺の中で詩音が神になりました

「ブロッコリ…」「正解」―パンッ!

原作で泣いたシーン
鷹野さん酷い…
ブロッコリをここで持ってくるなんて思いもしませんでした…

でも思ったんですけど、アニメだと、沙都子が一部の野菜の区別が出来ないってあまり強調していませんでしたよね…
アニメだけ見てる人にとっては意味不明でしょうね


「あなた、、本当に信じてた?」

流石に梨花ちゃんの死に行く演出はだめでしたか
よかった、、、反省会があるよ…
世界が無かったのでこれも無いかと心配でした…

上の台詞ですけど、原作をしていて思ったけど、羽入を通してプレイヤーに問いかけていますよね
『楽しむのはいいけど、最後くらいは信じてください』ってことと俺は『解釈』しました


「被害は最小限に抑えられるんだな」
コイツ首相ですかな?顔が元の人に似てるような気がします

滅菌作戦開始
眠るように死んでいく気がしましたが、アニメではとても苦しそうです…
原作読んでないだろ…
パラパラと資料って感じで読んで制作してるよ絶対…
そう思うと数々の稚拙な演出に納得ができます
あと電波工作の話は入れてほしかった

最後は鷹野さんが大笑いで放送中止のテロップが入り終了です
指揮はカットォカットォォオオ!!!




皆殺し編まとめ

・作画は、、まぁ安定してました
たまに崩れたけど。今回も異様に腕が細いシーンがあった
・演出が文章をそのまま絵にしましたって感じで微妙でした
厄醒し編で力尽きたのかな?
・しつこいですけど、なぜ「魅音のチンチロリン」に変えたのか意味不明でした
麻雀が駄目でサイコロギャンブルがOKなのか…
・熱いところが異様に冷めていて、見ててつまらないところがありました。。
議長とかが乗り込むところが超省略されていて凹んだ…
・放送自粛され、まだあわてるようn(ry、と思ったら中止にされました。
ひぐらしと全く関係ないだろ!!

次は最終章、、【祭囃し編】です
放送されないかもしれないけど、、俺は信じてる!!
運命は抗える!!!!




羽入可愛いですね
梨花ちゃん酷いです…

hanyu.png


なんたる偶然ッッ!!が同じですね




スポンサーサイト
  1. 2007/10/02(火) 14:33:45|
  2. なく頃に
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<魔人探偵脳噛ネウロ 1話 感想 | ホーム | 【テレビ埼玉】ひぐらしのなく頃に解  放送中止…>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://srtk00.blog117.fc2.com/tb.php/53-b98f8b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:ひぐらしのなく頃に 解/第13話 皆殺し編 其の八  「終末」

品質評価 11 / 萌え評価 9 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 7 / シリアス評価 23 / お色気評価 5 / 総合評価 15レビュー数 88 件 護衛を約束してくれた大石刑事の到着を待つ梨花たち。しかし、そこに現れたのは大石ではなく、秘密部隊「山狗」の暗殺者たちだった。沙都子のトラ
  1. 2007/10/03(水) 19:14:50 |
  2. ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。